直感で動いて、掴んだ幸せ

 

またまた幸せになった、友達の話です。

彼女が幸せを掴んだきっかけ、それは直感で動いたこと。

 

彼女は中学生の子ども1人を育てる、シングルマザーでした。

5年ほど前、彼女は職場で同僚とうまくいかず、もめ事の末、

その人共々解雇という形になってしまいました。

(少々とばっちりのような事もあったようですが)

恋愛もうまくいかずで、運勢下降状態の中2人で、

「どうしたらうまくいくのかな~」なんてランチをしながら

話していました。

そして2人で職安へ行き、彼女の資格を活かせる職場があったのですが、

なぜか彼女は募集をしていない、大手の会社の店舗へ直接電話を

してみると言い出しました。

私は、「いやいや、無理でしょ~」と、彼女に言いました。

だって、職安にも募集がなかったし、店舗に募集の張り紙すら

なかったんですから。

彼女は私の目の前ですぐにその店舗に電話をかけ、面接まで

取りつけました。

電話した本人もびっくりで、ふたりで「そんなことある~??」と

笑ってしまいました。

後日わかったことですが、たまたま電話に出た人がそこの

店舗の上司だったのでうまく面接をしてもらえたみたいで、

他の社員だったら「募集していません」で断られていたそう。

その後、採用が決まり、彼女はそこで頭角を現し、トップの売り上げを

上げるようになり、本社の人の目に留まるまでになりました。

 

それから彼女は、本社の役職ある方と出会い結婚、

今は子どもも成人し、彼女は退職して専業主婦として

旦那様と2人で幸せに暮らしています。

彼女は優しい旦那様に巡り会えて、本当に幸せそうです。

2人で時々、あの時直感で動いた、一本の電話で

今があるんだよね~としみじみと話します。

 

正直、私はなぜ彼女があの時、突然思いつきで募集もしていない

所に電話をしたのか、未だに不思議です。

私は動くか動かないか迷ったとき、このことを

思い出して、直感を信じてみるようにしています。

その時の選択が良かったのか、悪かったのかはわかりませんが、

行動したことで、納得するせいか、あまり後悔するような

事はないように思います。

違うと思えば、またやり直せばいいだけなので。

でも人に迷惑をかけることやお金の掛かることは

直感的に感じても、冷静な判断は怠らずに。。。

 

ウジウジと悩んでも前に進まないし、悩んだ分だけ

後悔も大きくなるもの。

迷ったら一旦立ち止まって冷静に、

これだ!と直感で感じたことはとりあえずやってみる!

自分の人生は自分で切り開いていくもの、

一緒に後悔しない、自分らしい人生にしていきましょー(^^)/

「楽天Kobo」なら読みたい時にすぐ読める!

スマホにダウンロードするだけなので、とっても便利!!

隙間時間に読めるので、私もいつも使ってます♪♪

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました