元銀行員が新人研修で言ったこと

数年前、今の会社に入社した時に若い子の中に

混じって、新人研修に参加させて頂いた時のこと。

銀行員のOBの方が、資産形成について語ったのですが、

若いうちからとにかくお金を貯めること。

好きなことでお金を使うのではなく、コツコツと

銀行に貯金して、将来に備えること、とのこと。

もちろん、お金を大切に使うことや今の時代、将来に

備えることは大事なことだが、

若い頃にしかできないことは、たーーーくさんあるのになーと、

若い頃お金を散財して楽しんできた私は思った次第です。

まぁ、人それぞれの考えだろうし、私のような者が

銀行のお偉い方に太刀打ちできる話ではないのですが。。。

(あくまでも私の一個人の考えですので、軽く流してやってくださいませ。)

もちろん私も子どもには、貯蓄の大切さは教えています。

それと同じくらい、今しかできないこと、楽しい思い出に

お金を使うことには何も言いません。

今の若い子は、一番良い時期にコロナのおかげで

本当に楽しい思い出ができず、本当に辛いだろうなと思います。

我が子も例外ではありません。

「失敗したことがない人は何にもチャレンジしたことがない人だ」

というアインシュタインの言葉と

「失敗が人間を成長させると考えている。

         失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。」

という本田宗一郎さんの言葉などたくさんの偉人の名言がありますが、

私はその言葉に救われている一人です。

私は20歳ぐらいの頃、水のような化粧品を20万円で売りつけられたり

道頓堀の宝石屋で30万円のダイヤのネックレスを買わされたりと

ほんと、人を見る目がないというか、失敗の連続でした。

でも多分その数々の失敗のおかげで今は、

マネーリテラシーが高まっているのも事実かも知れません。

でも最近は悪質な人が多いので、守備能力を高めないと

いけないのも事実です。

正しいことを見極める能力もしっかり高めつつ、

自分が親になった時に、子どもにいろんな話ができる

たくさんの体験やお金の勉強、自分磨きなどをして

その時にできることを楽しむ人生にしてほしいものですね。

↓↓ブランド服のサブスク↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました