運を引き寄せる「五徳」

「五徳」という言葉をご存じですか?

私は算命学を学ぶ中で、その言葉と意味を知りました。

難しい話はさておき、簡単に言うと、

人間誰にでも備えている五つの徳のことです。

 

「五徳」

人徳(福)=守りの本能

 奉仕の心。自分を守りたいなら、人助け、奉仕をする。

 人徳を磨けば、やがて自分が救われる。

 

礼徳(寿)=伝達の本能

 自分の心を人に伝える、理解してもらう。

 相手に伝えたいことを聞いてもらい、認めてもらうには

 礼儀、礼節が必要である。

 

信徳(禄)=引力の本能

 信用、信頼のある人は多くの人を引きつける。

 人を引きつけたかったら信徳を備える。

 

義徳(官)=攻撃の本能

 行動力や前進力。 義徳を磨くには、

 積極的に他人と交わる、まずは行動する。

 

智徳(印)=学び取る本能

 智恵を身につけるには、知識や技術を身につける。

 人の話をよく聞く。

 

この五つの徳をすべて持ち合わせている人もいれば、

二つ、三つ、四つの徳だけの人もいます。

深くは簡単には語れませんが、いずれにせよ、

この五徳を持ち合わせてこそ、初めて

運命の歯車は開運に向かうのだと確信できます。

これは、簡単に備わるものではありませんし

意識し、実践していくことで少しずつ備わっていくものです。

子どもの未来の幸せを願うのであれば、

ぜひ子どもに伝えていくべきであるし

まずは親が実践して、お手本を見せ伝えていくべき

ことだと思います。

かくいう私も、日々修行です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました